« 篠原家のご飯の炊き方 土鍋 | トップページ | 鰯ハンバーグ(子供用) 灰釉皿 »

2008年1月29日 (火)

かにピラフ 土鍋

Img_8226

先日篠原家のご飯の炊き方をご紹介しました。
今日はアレンジメニューでピラフです。

ピラフはお米を洗って水を切り、油で炒めてから炊くところが普通の炊飯と違います。
また、水分量も少なめでぱらっとした仕上がりになります。
目安ですが私の場合、炒める油はお米の重量の5%くらい、水分量はお米と容量で同量で炊きます。
(お米3カップの場合、油24g・・・大さじ3弱、水3カップ)
このかにピラフは、バターでお米を炒め、薄めのコンソメスープで炊き、塩、胡椒で味を調えました。

Img_8232

炊きあがりにみじん切りにしたピーマンを入れ、ほのかに香りがするのが私好みのかにピラフです。

先日のかに飯といいこんな贅沢できたは頂き物の食材があったから(笑)
普段だったら、手に入りやすい海老や鶏でもとってもおいしくできます。
すりおろしたにんじんを入れるときれいな赤い色になって、栄養価もアップするので、お子さまの食事にもお勧めです。
(その場合、すりおろしにんじんは水分として計算します)

「かに」といえば先日、私の父が還暦を迎え、そのお祝いを母と妹と「かに○楽」でしたそうです。
かにが大好物の父は電話の向こうで大変喜んでいるのがよく分かりました。
”かにピラフ”にも父との思い出があり、幼い頃、誕生日などで外食するあるレストランでは、父は必ず”かにピラフ”を頼みました。
私はそれを横からちょこっともらうのが好きでした。
そうそう、記憶がよみがえります。
私はいつもショーケースのクリームソーダにうっとり。
わがままを言って注文してもらうのですが、お腹がいっぱいで食べきれたことがありませんでした。
(よ)「今日は大丈夫!」
(母)「いつもそう言って食べられないでしょ」
結局食べきれたことはあったのかなぁ。
今度両親に聞いてみたいと思います。

|

« 篠原家のご飯の炊き方 土鍋 | トップページ | 鰯ハンバーグ(子供用) 灰釉皿 »

土鍋料理」カテゴリの記事

コメント

カニがすごく豪華ですね~!!
カニ●楽、まだ一度も行ったことがないんですよ~。

投稿: KEI | 2008年2月 1日 (金) 20時32分

だから私もクリームソーダ食べさせてもらえなかったのね~

私も土鍋でご飯、やってみたいな♪
IHでもできるかな??

投稿: (ゆ) | 2008年2月 1日 (金) 20時51分

KEIさん、いつもありがとうございます。
実はカニはだんな殿の実家からいただいたものです。
おかげ様で贅沢させてもらいました(笑)
カニ●楽、私も行ったことないんですよ〜。

(ゆ)さん、こちらでは初めましてですね!(笑)
IH対応土鍋もありますが、うちのは対応していません・・・
今度ごちそうするので、また信楽にも遊びに来て下さいね!

投稿: (よ) | 2008年2月 2日 (土) 22時34分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かにピラフ 土鍋:

« 篠原家のご飯の炊き方 土鍋 | トップページ | 鰯ハンバーグ(子供用) 灰釉皿 »