« てま・ひま・うつわ | トップページ | 貫入注器 »

2008年1月 4日 (金)

ちらし寿司 灰釉角皿

Img_7909

おせち料理の始末はちらし寿司。
煮しめを小さく刻んですし飯に混ぜるだけなので、とっても楽ちん。
おせち料理のおかげで正月はいつもの半分の台所に立つことなく、のんびりと過ごせました。

昨日はお昼に、どうせおせちを食べるならおにぎりを持って近くの公園に行こうという話から、ひらパーへ行くことになりました。
ひらパー(枚方パーク)は私は行ったことがなかったのですが、だんな殿にとっては思い出のある遊園地、話はよく聞いていました。

息子がどんな反応を見せるか楽しみでしたが、まずは目を大きく見開いて観覧車を見上げます。
観覧車に乗ると、遊園地の隣を走る京阪電車を見つけ「デンチャ!デンチャ!」と大興奮していました。

Img_7796

さあ、調子が出てきたようです(笑)
キャラクターショーには目もくれず、電車系のアトラクションに興味津々!

Img_7833

平らな道は抱っこ〜!と甘えてくるのに、でこぼこ道は喜んで歩きます。

Img_7845

思いがけず行くことになった初めての遊園地。
息子はもうすっかり赤ちゃんから子供になったんだなぁと、うれしい反面ちょっと寂しい気もしました。
でも、これからもっともっと初めてのことと出会い、その度に息子の新たな一面が見れるのかと思うと、やっぱり楽しみです。

|

« てま・ひま・うつわ | トップページ | 貫入注器 »

篠原家の食卓」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちらし寿司 灰釉角皿:

« てま・ひま・うつわ | トップページ | 貫入注器 »