« 貫入角皿・粉引輪花鉢のご紹介 | トップページ | 篠原家のご飯の炊き方 土鍋 »

2008年1月24日 (木)

飯山園子さんの器

Img_8499
だんな殿も焼いて暮らす日々に書いていましたが、昨日、高槻松坂屋で開催されている飯山園子さんの展覧会に行ってきました。

飯山さんはかわいらしい外見からは予想もつかないような伝説をたくさんお持ちで(笑)、どんな作品が並んでいるのかとても楽しみでした。
以前信楽町内のギャラリーで拝見した展覧会では壷のみの展示でした。
今回の展示は大壷や花入はもちろん食器も展示されていて、私もよりじっくりと見させていただきました。

勉強不足で恥ずかしいのですが、飯山さんの作品を見て、焼締と一言で言ってもこんなにもいろいろな色がでるのかと驚きました。
展覧会場に静かに並ぶ作品からは、土を作ったり窯を焚いたり、とても激しい作品づくりの行程を想像することができません。
飯山さんの情熱を内に秘めた作品は、どれもこれも存在感があってとてもすてきでした。

私は器を選ぶ時に、この器でこんな料理が食べたい!と具体的に思い浮かべて選びます。
今回、いくつか候補がある中で選んだのが写真の器。
形も焼きもとても気に入りました。
そして思い浮かんだ料理は魚のあんかけでした。

Img_8529_3

さっそく今日の夕飯の食卓に登場!
盛り付けやすい上に焼締の質感が楽しめ、食卓の主役になる器です。
これから大切に使っていきたいと思います。

飯山さんの展覧会は1月29日(火)まで開催されています。
詳しくはこちら、焼いて暮らす日々http://cgi.biwa.ne.jp/~kibou/kibodiary/diary.cgi?no=469#continueをごらんくださいませ。

|

« 貫入角皿・粉引輪花鉢のご紹介 | トップページ | 篠原家のご飯の炊き方 土鍋 »

うつわ」カテゴリの記事

コメント

器を見てお料理をイメージできるって素敵ですね☆
私は知識はないですが、ゆっくり個展にいきたいです。

投稿: KEI | 2008年1月27日 (日) 01時18分

私も知らないことが多くって、展覧会を見にいくと緊張してしまいます。
でも、実際に使ったところを想像ながら見ると、落ち着いてじっくり作品を見ることができる気がします。
まだまだ自分の好みでしか語れませんが、これからもたくさんの作家さんの作品を見て、目を養いたいと思っています。

投稿: (よ) | 2008年1月27日 (日) 22時28分

遅ればせながら。
展覧会では、本当に暖か~な団欒風景を
ありがとうございました!


(よ)さんが子育ての合間合間に
綴っているとはびっくりな、丁寧なブログ。

焼き物に携わる励みになっております・・!


私も、いつかブログHPを手がけてみたいと
思えました。素直な自分をも露呈しつつ~


投稿: sonoko | 2008年3月 6日 (木) 08時10分

sonokoさん、ありがとうございます!
私もsonokoさんに会ったり話を聞いたりすると元気になります。
つくづく自分が甘えているなぁと反省すると同時に、私もがんばろう!という気持ちになります。
HP、いつの日かお目にかかるのを楽しみにしています!

投稿: (よ) | 2008年3月 6日 (木) 09時05分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯山園子さんの器:

« 貫入角皿・粉引輪花鉢のご紹介 | トップページ | 篠原家のご飯の炊き方 土鍋 »