« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日 (金)

魚仙 ひなまつり

Dscf7771

先日、魚仙http://uosen.net/に行ってきました。
今回は魚仙の若女将さんのブログを見て、絶対に行きたいと思っていたので、念願の魚仙でした。
おひなさまを意識したという献立は、春を感じさせ、盛り付けもとても愛らしく、心華やぐ献立でした。
そしていつにも増してとても豪華!
扇形のお盆にのった口取りのお料理を前に、何から手を付けようか迷うこと数分。
こんなこと初めてです(笑)
目の前ではだんな殿がうまいうまいとどんどん箸が進みます。
「今日はお酒はやめておこう」なんて言っていたのに、お料理を口にしたとたんに「やっぱりお酒頼んでいい?」ですって。
食べてみて私も納得。

菱餅に見立てた三色しんじょうの椀ものやはまぐりご飯もとてもおいしかったです。
献立の中で特にぶり大根が驚くほどおいしくて、食事中撮った写真もすごく幸せな顔をしていました。

今回は息子用にだて巻きを頼みました。
これには息子も大喜びでパクパク食べていました。

Dscf7777

毎月魚仙に行くことを楽しみにしているので、写真を見返すと息子の成長ぶりがよくわかります。
大将、若女将さん初めお店の方がとても温かく接してくれるので、子連れで恐縮しなければならないところですが、いつも心もお腹も満たされています。
皆様、ありがとうございます!

献立はぜひ魚仙さんのHPをご覧下さいませ。
若女将さんのブログ”おいしいもん食べてーっ!”http://blog.goo.ne.jp/uosen/では内容が詳しく紹介されています。
また、新名神高速道開通はじめ、信楽情報もこまめに更新されています。
信楽にお越しの際は要チェック!

体調を崩していたのもあって、最近料理の更新ができませんでした。
治ったとたん、おいしいものを食べに行ったという記事が続いたので、だんな殿にブログのタイトルを「(よ)の食いしん坊日記」に変えたら?と言われてしまいました・・・
また我が家の食卓の方もがんばってご紹介したいと思いますので、どうぞお付き合い下さいませ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

ひつまぶし うなぎの初音にて

Dscf7767
新名神高速道が開通したその日、篠原家は三重県に出かけていました。
開通が午後3時ということでしたので、朝から出かけてだんな殿のお兄さんに会っていました。
だんな殿のお届けものの用事が目的でしたが、実は以前からお兄さんにごちそうになったひつまぶしがおいしかった!と聞いていたので、内心わくわくしながら付いて行ったのです。

ちょうど昼時、お兄さんに前とは違うお勧めのお店を紹介してもらい、ご一緒することができました。
(結果ごちそうになってしまいました。ありがとうございました!)

連れて行ってもらったお店は、鈴鹿山脈の麓、一号線沿いにある「うなぎの初音」。
Dscf7748Dscf7749

大人気のこのお店はいつも車がいっぱいで、店内に入りきらないお客さんのために、順番待ちの番号が渡され、駐車場に銀行のように番号が表示されるシステムになっていました。
これにはびっくり!
車を降りるためにドアを開けただけで香ばしい香りが入り込んできました。
でも、私たちの番号は44番。
あぁ待ち遠しい・・・

待ち時間の間、すぐそこにある関宿を観光しました。
昔ながらの街道を保存しつつきれいに整備されていて、趣のある建物や看板がいっぱい。
Dscf7754

Dscf7762_5

薬局の看板のアンティーク雑貨のお店の前にはこんなかわいい看板が置いてありました。

Dscf7758_3

他にもおもしろいお店がいっぱいありましたが、よその観光地と違うのは、現にここに人が暮らしている生活感が満ちているところ。
観光客用のお店が並ぶ中に、町並みに溶け込んでお肉屋さんや薬局があっておもしろかったです。
今回は時間がなかったのと雪が降ってきたのとでゆっくりできませんでしたが、またぜひ遊びにいってみたいところです。

さて、うなぎの方は・・・
もどると43番、ちょうどぴったり!
いそいそとお店に入りお膳が運ばれてくるのを待ちます。
待ちに待った初音のひつまぶしはこちら!

Dscf7764

なるほど、香ばしく焼けたうなぎの蒲焼きが小さく刻まれてご飯の入ったおひつに盛られています。

そして薬味のねぎとわさび、そして奥にはお出汁があります。
それでは初ひつまぶし、いただきまーす!
うん!こんなに香ばしく焼かれたうなぎは初めて!
うなぎの味も脂もしっかりしていて、予想以上のおいしさに感動しました。
関東育ちの私はもしかしたら蒸さずに焼いたうなぎは初めてだったのかも。
一膳目はそのまま、二膳目は薬味をのせてというお作法にならって、ねぎとわさびでいただくとまた違うおいしさが。
わさびがよりうなぎのおいしさを引き立ててくれます。
そして最後はお茶漬けで。

Dscf7768

これが楽しみだったのです!
香ばしいうなぎとおだしとわさび。
こんなにおいしいうなぎは食べたことがない!と私が言うと、すかさず、浜松でもそんなこと言ってなかった?とだんな殿につっこまれてしまいました。
そうかもしれないけど(笑)、ひつまぶしがこんなにおいしく楽しめるものだと知ってとても幸せです。

関が信楽から案外近いところだったことにも驚きでした。
ここならまた行けるね!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

おかき 粉引丸皿

Img_9028

新名神高速道開通の興奮も落ち着いたところで、またも寒さが戻り、昨日から信楽は雪景色でした。
こんな日は薪ストーブが大活躍。
今日は薪ストーブの上でおかきを作りました。

Img_9000

作り方は、まずお餅を薄く切って一晩ほど乾燥させます。
あとはストーブの上でゆっくりゆっくり焼いて、うっすら焼き色がついたあたりで醤油を塗って軽くあぶって出来上がり。
Img_9017Img_9020

油で揚げて塩をふるのもおいしいですよね。
よし、明日は揚げおかきを作ろう!

ところで「せんべい」と「おかき」と「あられ」の違いってご存じですか?
「せんべい」の材料はうるち米、「おかき」と「あられ」は餅米でできているそうです。
「おかき」と「あられ」の明確な区別ははっきりせず、一般的に大きさにより、大きいものが「おかき」でコロコロと小さいものが「あられ」というそうです。

話もコロコロと変わりますが、あられと言えばもうすぐひな祭りですね。
実家にいた頃はおひな様を出すのが楽しみでした。
母がずっと大切にしてきたもので、御殿におひな様とお内裏様がおさまるものです。
最近はめったに見かけないと思いますが、だんな殿のお母さんも同じタイプのものを持っているそうです。
私は嫁入りにおひな様を持ってきませんでしたが、ちらし寿司くらいは作ってお祝いしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

新名神高速道 今日開通!

Nec_0417

本日2月23日15時、新名神高速道が開通しました!
我が家もだんな殿の用事にかこつけて出かけてきました。
おいしい名物が絡むその話はまた後日として、今日は新しい高速道路の様子をご紹介します。

出先から信楽に帰るルートを新名神として、入り口は土山ICから入りました。

Nec_0414

冷たい風と雪が舞う中、さっそくの速度規制。
でも、私たちのように見物がてらのってみようという人も多かったようで、予想以上に車が並んでいました。
高速に入っても急ぐ様子もなく、みなさん景色を楽しむかのようにゆったりと進んでいました。
時々かかる架橋の上や横を走る林道には地元の見物の方もたくさん見えました。

Nec_0419_2

自分も浮かれていましたが、なんだかみんなそわそわしている様でした。

新しい高速道には土山サービスエリアができて行ってみたかったのですが、土山ICの東側になるため今回は断念。
信楽IC手前の忍者の里 甲南パーキングエリアに寄りました。
Nec_0421Nec_0420

パーキングエリアはもっと小さくて地味ところだと思っていましたが、フードコーナーもお土産売り場も明るくきれいで、今日は初日と言うことでたくさんの人でごった返していました。
今日は祝賀イベントとして太鼓や笛の催しもされていました。
いいね〜おめでたい雰囲気満天!とうろうろしていると、偶然、魚仙の若女将さんに会いました。
若女将さんは私たちのように遊びにきていたのではなく、地元のPRのお仕事としてこられていました。
そうですよね、この高速道路が開通することによって信楽も人の流れが変わるはず。
信楽だけでなく甲賀市は歴史的な遺産や自然のきれいな名所、また名産物もたくさんあるところです。
より多くの人に来てもらい、地元が活気づきますように。
皆様、寒い中ご苦労様でした。

サービスコーナーの横にはまだ芝生が根付いていない砂山のような公園スペースがありました。
結構ゆったりしているものですね。
息子はでこぼこの山を登って、高速道路の車に向かって「ハイチャーイ!(バイバイ)」と手を振っていました。

Nec_0424_2

甲南PAをあとにして、信楽へ出発!
ずーっと長い上り坂。
こうやってみると信楽って標高の高いところなんだと改めて実感しました。

Nec_0427_2Nec_0428

間もなく出てくる甲南トンネルを抜けるともう信楽ICはすぐそこです。
いつも走っている国道を横に確認し、いつもとは逆の景色に浮かれてしまいました。
そうそう、ここは昨年の春、開通前ウォーキングで歩いたところです。
歩いたときは広く長く感じた道路も車だとあっという間。
経験しておいてよかったです。

信楽高原鉄道の上を走り抜け、信楽ICへ。
驚いたことに渋滞しています。
やっぱり地元の人で記念に走った人も多かったようで、だんな殿の知り合いや信楽の問屋さんの屋号の入った車も見かけました。
そうそう、軽トラも何台か見ました。
軽トラ隊は盛り上がったのかな?

信楽IC付近の私たちが記念植樹した木も元気に育っているようでした。
昨日ご紹介した隼人川みずべ公園は信楽ICの真下です。

Nec_0432

いつも見上げていた高速道路から見下ろす景色です。
この高速道路が開通して、これからもっともっと景色が変わって行くでしょうね。
地元の人にとったら、何を今さらといった感じでしょうか。
何はともあれ、高速を降りた辺りは田んぼが広がり、信楽高原鉄道が走るのんびりとした景色のところです。
高速を降りて右に曲がり進むと信楽の町中に出て、たくさんの陶器屋さんや陶芸の森などがあり、四季折々お楽しみいただけると思います。
皆様、春のお出かけはぜひ信楽にお越し下さいませ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

新名神高速道路 明日開通!

ご心配おかけしていた息子と私の風邪ですが、昨日からだいぶ良くなり、今日はすっかり元気になりました。
軽い風邪だったと思うのですが、今まであまり病気に縁がなかったので、自分のうたれ弱さにがっくり。
さらに今回の風邪はお腹にきたので食欲がなくなり、食いしん坊の私はまるで私でなくなったようでした。
でも、体調が回復するとそれが信じられないくらいお腹がすいてきました(笑)
もう大丈夫です!

話は変わりますが、明日2月23日(土)は新名神高速道路が開通し、信楽のもインターチェンジが開設されます。
町役場においてあった土山サービスエリアのパンフレットから少しご紹介します。
まず、新しいルートがこちら。

Dscf7744

地図で見るとだいぶショートカットされるように見えます。
また、こんな図説もありました。
Dscf7747_2Dscf7746_3

時間も距離も短縮される上に、積雪日数も少なく、より安全になりそうです。
でも、信楽付近は積雪は少なくても気温が低いので、冬場の道路の凍結にはご注意下さい。
篠原家も明日、早速真新しい新名神高速道路にのってみようと計画しています。
*開通は2008年2月23日(土)15時です

さて、この新名神の信楽ICのすぐ下には「隼人川みずべ公園」があります。

Dsc00248

我が家もたまに散歩に行く公園で、浅い川ときれいな芝生が広がるのんびりした雰囲気の公園です。
Dsc00250Dsc00249

近くには信楽宮跡や宮町遺跡などがあり、陶都としての信楽とは違った見どころもあります。

Dsc00262_2

隼人川は高速道路建設に伴って川の流れを移動されたそうです。
深いところでも大人のひざまでもない小さな川です。
息子も昨年の夏は裸にして水遊びをさせました。
お弁当をもってここでゆっくりするのもいいものです!
Dsc00266

明日は甲賀市役所で芸能人を招いて祝賀イベントがある他、信楽ICでは開通記念「軽トラ隊が走る!」という催しがあるそうです。
信楽はほかのところに比べて軽トラの台数が多く、また農林業、商工業が元気な町信楽をPRする目的で参加者を募っているそうです。
残念ながら我が家には軽トラがないので参加できませんが、イベントが盛り上がるよう楽しみに願っています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

ふきのとう

Dscf7740

こちら5日前の写真になりますが、我が家の前の空き地にふきのとうが顔を出しました。
今年は2月に入ってから大雪が降り、寒くて寒くて仕方がありませんでしたが、雪の下ではふきのとうが確実に春を感じていたんですね。
この日の収穫はこちら。
Dscf7742Img_8834

さっそく天ぷらでいただきました。
ふきのとうは一番はじめに出てくる春の山菜。
また、春の食卓には苦みを盛るという言葉があるそうです。
独特の苦みと香りに春はもうすぐだと希望が湧いてきました。

さて、ここのところ更新が遅れていましたが、実は息子と私、体調を崩していました。
病気知らずで健康が何よりのとりえの息子が、嘔吐を繰り返すのです。
その割に元気に動き回るのですが、私がそばを離れると不安そうな顔をして泣き出します。
念のため病院でお医者さんの話を聞き、そんなに心配はないと言うことでしたが、一日遅れで私も同じ症状に。
こんな時は病気を治すことが第一と考え、息子とべったりゆっくりと過ごしました。

寝るときも体をすり寄せてくる息子。
こんな時ですが、かわいくて仕方がありませんでした。
そういえば産まれてすぐの時、体温が低めだった息子をこんな風に抱き寄せて温めてあげたよね〜なんて思い出したりして。
今日は息子は大分回復したようです。
私はもう一息。
次はだんな殿!?・・・にはならないよう気をつけたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

フォンダンショコラ 貫入角皿

Img_8823
今日はバレンタインデーですね。
今年はフォンダンショコラを作りました。
生クリームを混ぜたガナッシュをケーキ生地の中に入れて焼き、食べる前に温めると中からとろっとしたチョコレートが・・・
となる予定でしたが、そううまくはいかず、ガナッシュがケーキ生地に馴染んでしまっていました。
それでも心を込めて作りました。
だんな殿と息子は喜んでくれたかしら?

先日、遊びにきていた母を送りに京都にいきました。
ちょうどバレンタイン直前で、駅ビルでは特設会場やデパ地下でたくさんのチョコレートが並んでいました。
独身時代は全てのショーケースを見て歩く勢いでしたが、子供と一緒であの会場にはさすがに入り込めませんでした。
横目でちらりと見て通り過ぎましたが、キラキラと輝くチョコレートには心ひかれます。

マイチョコなんて言葉も聞きますが、今の私では自分に買ってももったいなくて食べれないだろうなぁ。
京都に暮らしていた頃はそこにいつでもあるものだったものが、今はとても貴重にに感じるものがたくさんあります。
数年のうちに覚えた都会の味。
でも田舎で育った私は、中学、高校のころから、地元では手に入らないものへの憧れの気持ちが芽生え、それが向学心につながったところもあると思っています。
そんな気持ちを思い出せたことがちょっとうれしかった今年のバレンタインでした。

この憧れの気持ちを原動力に、いろいろなことにチャレンジしていきたいと思います!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

炊き込みご飯

Img_8820

だんな殿はただ今、東京の長縄というギャラリーで展覧会を開いています。
今日はお客さまと一緒にぐい呑を作る会がありました。
楽しんでいただけたでしょうか?

展覧会は2月17日(日)まで開催しております。
詳しくはこちらhttp://www.biwa.ne.jp/~kibou/pottery/me.htmlをご覧下さいませ。

さて、写真は今晩の食卓です。
だんな殿の留守中遊びにきてくれている母と3人の食卓なので、いつもより質素。
炊き込みご飯に鰯のつみれ入りの野菜たっぷりのみそ汁、普段だったらここにもう一品といったところですが、自分の好きなものばかりなので満足満足♪

昨日、信楽は一日中雪が降り積もり、辺り一面真っ白になりました。
今朝外に出てみると20cmほど積もった雪の中にかわいらしい足跡が。

Img_8755

”猫はこたつで丸くなる♪”と歌いますが、こんな雪の中でも猫は外を歩き回るんですね。
それにしてもよくこんなにきれいに足跡をつけたと笑ってしまいます。

「寒い寒い・・・」と大雪に怖じ気づく私をよそに母と息子は今日も元気です。
Img_8771

Img_8776

初めて雪遊びする息子に、雪だるま作りに熱中する母。
「こんなにじっくり雪だるまを作ったのは初めて!」と笑う母の作品はこちら!

Img_8788_2

帽子の土鍋の蓋がなんともかわいい!
完成度の高い雪だるまに、我が母ながら感心です(笑)
息子もすごく喜んでいました。
寒い寒いと家にこもりがちですが、こうやって外に出てみるのも気持ちのいいものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

篠原希作陶展 東京長縄にて

明日2月9日より、東京のギャラリー「長縄」http://www.naganawa.jp/にて篠原希作陶展が開催されます。
ぜひご高覧賜りたく、ご案内申し上げます。
(詳しくはこちらをご覧下さいhttp://www.biwa.ne.jp/~kibou/pottery/me.html)

期間 2008年2月9日(土)〜2月17日(日)
営業時間 午前11時〜午後7時
*作家在廊日 9日、10日、11日
*12日(火)は休み、15日(金)は午後8時まで営業
*ぐい呑を作る会 10日(日)6時〜(申し込みをお願いしております)
 長縄さんは20周年を迎えられ、作家とぐい呑を作る催しを企画されています。
今回、だんな殿も10日(日)の6時から、皆様のお越しをお待ちしております。
お客さまに作っていただいたぐい呑は、だんな殿の穴窯で焼成いたします。
ご希望の方はあらかじめお申し込みをお願いしております。
皆様の参加を楽しみにお待ちしております!
長縄 tel  03-3792-3969

先日の窯焚きの様子を魚仙の若女将さんがブログhttp://blog.goo.ne.jp/uosen/で紹介してくださいました。
私はまだまだ余裕がなく、こうやって写真をたくさん撮って紹介してもらえてとてもありがたいです。
だんな殿の窯焚きの様子を写真と文章で分かりやすく記事にしてくれています。
中でも引き出し(窯を焚いている最中に作品を引き出し急冷させます)の写真が、なかなか見ることのできないおもしろいものだと思うので、ぜひ皆様にも見てほしいと思います。

だんな殿はこの窯の作品を持って、東京で皆様をお待ちしております。
皆様のご来場、心よりお待ちしております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

わかさぎの天ぷら 焼締長角皿

Img_8710

昨日、もうすぐママ友Yさんから、ご主人の釣ってきたわかさぎをいただきました。
わかさぎってすごくきれいな魚ですね!

Img_8704

話によるととてもたくさん釣れたそうで、Yさんは200匹くらい食べたとか!?
我が家もたくさんいただきました。
ありがとうございます!

天ぷらにして塩でいただくのがYさんお勧めということで、昨晩さっそく天ぷらにしていただきました。
こんな風に釣ってきたわかさぎを贅沢にいただくのは初めて!
わかさぎの身ってとても柔らかくて、頭から食べられるのでちょっと苦みがあってとてもおいしかったです。
たくさんの中には子持ちもあって、楽しくおいしくいただきました。

昨日はYさんとちょっとお買い物に出ました。
息子が喜んで大騒ぎだったのですが、Yさんは落ち着いてよく息子の相手をしてくれてありがたかったです。
赤ちゃんが生まれたら、ぜひ一緒に遊ばせましょうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

くるみパン

Img_8661_2

くるみを生地に練り込んだくるみパン。
香ばしくて甘〜い香りが大好きです。
なぜかプレーンなパンよりもこのくるみ入りの生地の方が相性がいいみたいで、きれいに焼き上がりました。

息子も大好き”くるみあんぱん”は定番入り決定です!

こうやって毎日、いかにおいしいものを食べよう、作ろうと考えていられることはとても幸せなことです。
”食の安全”という言葉を耳にしない日のないこの頃ですが、私たちの生活に、加工食品や輸入食品は欠かせないものになっています。
ファーストフードを食べる人の中には食べたくて食べているのではなく、時間を買っているのだという話を聞いたことがあります。
確かに、本当にそれが食べたくて食べているのではなかったり、なにかしら不安を抱きながらもそれに頼らなければならない状況というのは、自身の経験からも理解できるところです。
私は今はどっぷり家事に専念させてもらっているので、その分”てまとひま”をかけることができているありがたい時間だと、改めて認識しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

節分 鰯の梅干し煮 粉引鉢

Img_8624

今日は節分。
全国的な大雪で、信楽もこの冬一番の積雪、我が家の周りにも20cmほど雪が積もっていました。

今日は町内の節分のお祭りに行く予定でしたが、車の運転が不馴れなため断念・・・
息子が豆まきや他の子供の中でどんな反応をするのか楽しみにしていたので残念でした。
でもちょっと出てみると今日はいつもの雪とは違い、ちょっと小道にそれると車が滑って危ない危ない!
お祭りはまたの機会の楽しみにとっておくことにしようと思います。

さて、夜は豆まきに太巻きの丸かじり!
息子ははじめは鬼に驚いた表情を見せましたが、豆をまくのが楽しくなったらしく、あっという間に部屋中豆だらけになってしまいました。

今年の篠原家の太巻きはこんな感じでした。
Img_8610Img_8619_2

毎年食べるのに苦労するのでちょっと細めに作りました。
巻きは学生時代、京都の宅配寿司「茶○」でアルバイトしていたN先輩直伝。
学生時代は”クッキング隊”なるものを結成して、皆で料理を作って楽しんだものです。
真ん中の細巻きは息子用で、ツナをマヨネーズで合え、ほうれんそうの刻んだものを混ぜた具にしました。
息子の食べっぷりはこの通り!
Img_8641Img_8643Img_8647Img_8648

長いままでは食べられないだろうと思っていましたが、かぶりつく!食いちぎる!
細巻きですが、一本食べきることができました。
大人用の具の椎茸とにんじんと卵も置いておいた分だけペロリと食べてしまいました。嬉しい〜!
どうか家族が健康で過ごせますように!

だんな殿の日記にもありましたが、先日までだんな殿は窯を焚いていました。
いろいろな方の助けがあって事故なく終えることができました。
ありがとうございました!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »