« 魚仙 4月 | トップページ | 実家生活 »

2008年3月25日 (火)

はっさくのピール 貫入角皿

Dsc00288

先日、無事息子と一緒に里帰りをしました。

電車好きな息子は駅のホームで「デンシャ!デンシャ!」と大興奮。

今回は新幹線での帰省で、こんな調子で車中はどうなるか心配でしたが、新幹線が発車すると義母がくれたミニカーを相手に借りてきた猫のようにおとなしくしていました。

ホームでは母が迎えてくれてひとまずほっ。

出産までの毎日を大切に過ごしたいと思います。

写真のはっさくのピールは私の祖母が作ってくれたもの。

自分で育てて収穫したはっさくで、皮はピールに、中の身はジャムにしてくれました。

Dsc00289

砂糖の衣がキラキラととてもきれい!

いつもは8時ごろには床に入るという祖母。

この仕込みをした日は少し寝るのが遅かったそうです。

また、「(よ)用にはこうしたんよ~」とうれしそうにクッキーの缶に入れたピールをだしてくれました。

Dsc00295

あれっ?この缶は・・・?

見覚えのある入れ物は息子の出産の内祝いとして贈ったクッキーの入れ物でした。

私が気に入っていたアンリシャルパンティエの小さなクッキーの詰め合わせ。

自分なりに思い入れがあったものだったので、すごくうれしかったです。

それから話を聞くと、手作りのピールをあげたい人それぞれに、その人用の箱を用意してあるとのことでした。

ちょっとした気遣いですが、なかなかできることではないなぁと感心しました。

それにしても木を育てて果実を収穫してそれをおいしく食べられるようにするまでに、どれだけのてまとひまがかかったのでしょう。

おばあちゃんには頭が下がります。

そんな祖母が今日、私に言ってくれたこと。

「おばあちゃんはこの年になってやっとのんびりと見渡せるようになったわ」

私が必死になって息子を追いかける姿をみておかしかったのか、励ましてくれたのか(笑)

あせらず、でも常に理想を胸に抱きながら生きて生きたいと思いました。

|

« 魚仙 4月 | トップページ | 実家生活 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

無事に里に着いたのね、よかったよかった。ほんとに、この歳になってわかること、まだまだ先でないと感じられない事、子供に教えられる事・・・色々あって。人生って奥が深いなあ。。。素敵なおばあちゃんだね。

投稿: 若女将 | 2008年3月26日 (水) 14時52分

若女将さん、ありがとうございます。
本当ですね~。
私にとっては若女将さんもステキなお手本の一人です!
魚仙で食事をしたりブログをのぞいたりするたびに刺激を受けています。

投稿: (よ) | 2008年3月28日 (金) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513209/11790150

この記事へのトラックバック一覧です: はっさくのピール 貫入角皿:

« 魚仙 4月 | トップページ | 実家生活 »