« さわらの刺身 焼締輪花鉢 | トップページ | さやえんどう »

2008年4月 9日 (水)

いなり寿司 貫入皿

Dsc00397

祖母の手作りのいなり寿司。

岡山はどんな感じかと思えば、三角もあり四角もありでおばあちゃん流のおいなりさんでした。

私は関西風のごまや干瓢などの具が入ったあっさり三角おいなりさんも好きですが、育った関東のこってりいなり寿司も大好き。

茨城県の笠間稲荷の近くにいつも行くうどん屋さんがあるのですが、そこのいなり寿司は甘辛く煮つめたお揚げの中にクルミが入りの寿司飯が包まれています。

きっと、関西の人が食べたらびっくりするでしょうね。

関西にきたばかりのときは関西と関東の食文化の違いに驚くことがたくさんあり、よくどちらがおいしい?みたいな話になりました。

例えば桜餅。

関西風の道明寺粉を使った桜餅と関東風のもっちりクレープ状の桜餅。

若い頃はどちらがおいしいか真剣に考えましたが、今どちらが好きかと聞かれれば、どちらも好き!と答えるでしょうね(笑)

|

« さわらの刺身 焼締輪花鉢 | トップページ | さやえんどう »

篠原家の食卓」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~ 美味しそうな大きな稲荷寿司~
この時間に来るのではなかった~ ぐぅぅぅ~
地方によって味が全然違いますよね~
私は甘目は苦手であっさりが好きかな~


どうですか~?お腹の赤ちゃん、息子さんは元気いっぱいでしょうか?
桜も散り始めてもうすぐ新緑が綺麗になりますね。
私は桜より新緑が好きかな~

投稿: チャベスママ | 2008年4月10日 (木) 17時32分

チャベスママさん、こんばんわ!
地方によって、また家庭によってそれぞれの味があるってとてもステキなことですね。
子供にとってのおふくろの味が何になるかも楽しみです。

お腹の赤ちゃんは順調に育っているようです。
息子は最近特に私にべったりなことがあり手を焼きますが、家族の協力に助けられ、元気いっぱいに過ごしています。

あっという間に季節が変わりますね。
私も新緑の季節が大好きです!

投稿: (よ) | 2008年4月10日 (木) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513209/20076011

この記事へのトラックバック一覧です: いなり寿司 貫入皿:

« さわらの刺身 焼締輪花鉢 | トップページ | さやえんどう »