« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月28日 (月)

白桃 灰釉鉢

Dsc01341

岡山の白桃。

白い肌にうっすら桃色で見ているだけで愛らしい。

先日岡山の玉島にある桃農家さんへ桃を買いにでかけました。

そこの地域では春の時期になると山が桃の花でピンク色になります。

私は今年、出産のため岡山の実家に里帰りしていたので、ちょっと早かったのですがピンク色の山をみることができました。

そしてその桃をいただく時期がやってきました!

Dsc01338

たくさんの桃に囲まれて毎日幸せ!

Dsc01351

切った桃をだんな殿の灰釉鉢にのせていただきました。

ひたすら甘~いなかに桃のさわやかな香り。

とってもおいしかったです。

Dsc01366

さて、こちらは妹からのプレゼント。

先日ちょっと食事の世話をしてあげたお礼だそうです(笑)

我が妹ながらこういう思わず微笑んでしまうような贈り物が上手な妹です。

そして思わず苦笑いしてしまうようないたずらも得意。

Dsc01357_2

Dsc01374_2

年はとりたくないけど、子供ができて新しい家族関係ができて、今まで知らなかった幸せを感じることができて、家族と一緒に年を重ねていくのも悪くないなぁと思う今日この頃です(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

ゴーヤチャンプルー 粉引平鉢

Dsc01314

毎日毎日暑い日が続きます。

食欲も減退しがちですが、今日はシャキッと苦いゴーヤチャンプルーです。

豚肉に多く含まれるビタミンB1は糖質の代謝をよくするので、夏ばて回復を期待できる一品です。

大人は暑い暑いとばかり言っている横で、子供はこの暑さの中でも元気いっぱい。

昨日は遊園地へ行ってきました。

Dsc01260

まずは大好きなトーマスに乗ってご機嫌♪

Dsc01265

園内のいたるところでブロックのオブジェが迎えてくれるユニークな遊園地です。

Dsc01268

Dsc01269

Dsc01271

乗り物も好きですが、意外と興味をもった恐竜と原始人。

ちょうど息子と同じ視線になるようです。

Dsc01257

こちらはプラレールのお部屋。

電車好きの息子の食いつきっぷりはすごいすごい!

ちょうどプラレールの遊び方教室があるというので参加してきました。

Dsc01282

Dsc01288_2

まだお友達との共同作業は難しかったけど、たくさんの電車を走らせることができて楽しそうでした。

Dsc01252

息子の背中の車は私がつけました。

袋になっていて中に名前と連絡先を書いたメモが入っています。

万が一迷子になったときのためのお守りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

さしみこんにゃく 焼締輪花鉢

Dsc01223

茨城の友人から届いたおいしいもん!

ゆば入りのさしみこんにゃくと汲みあげゆば、そして釜揚げ豆腐を送ってくれました。

冷たくつるっとした食感で、暑さにまいっていたところにとてもうれしい贈り物でした。

今日は焼締の鉢を取り出してこんにゃくとゆばを盛り付けました。

Dsc01227

料理と対照的なざらっとした信楽焼の質感。

土と炎が作り出した模様は素朴でありながら、そこにのせた料理の質感をを引き立ててくれるとても魅力的な器です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

篠原希作陶展(池袋)終了しました。

だんな殿の東京での展覧会は昨日、無事終了したそうです。

ご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。

心より感謝申し上げます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月15日 (火)

じゃことししとうの炒め物 粉引平鉢

だんな殿の展覧会もいよいよ明日までとなりました。

皆様のご来場心よりお待ちしております。

篠原希作陶展

TOBU 池袋東武

会期  2008年7月10日(木)~7月16日(水)

会場 本館6階1番地工芸サロン(最終日は午後4時閉場)

どうぞよろしくお願いいたします!

Dsc01187

ナス、トマト、きゅうりに続き、続々と野菜が収穫の時期を迎えています。

写真はししとうとじゃこを炒めて、酒と醤油で味付けをしたお手軽な一品です。

お気に入りのごはんのおともです。

Dsc01190

こちらはさやいんげん。

Dsc01192

こちらは枝豆。

Dsc01191

太陽をたっぷり浴びていつの間にかふっくらと実がふくらんでいました。

最近の暑さにはまいってしまいますが、楽しみがあるとちょっとは気持ちも楽になるかも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

なすとトマトの重ね焼 貫入鉢

Dsc01172

今日はなすとトマトをミートソースとホワイトソースと交互に重ねて、ラザニア風の重ね焼にしました。

Dsc01171

別の耐熱の器で焼いて貫入の鉢に取り分けました。

この鉢は全体に細かいひびのような模様になっています。

ざっと盛っただけの料理も存在感のある一品にしてくれるので気に入っています。

話は変わりますが、先日大学時代の友人と電話で話をしました。

子供が生まれてからたまに連絡をとるのがやっとで、独身のころのようにはゆっくり時間をとることができません。

でも、話をするといつも変わらずお互いの身を案じ、今は子育ての話で盛り上がります。

私だけ・・・?うちの子だけ・・・?とため息をついてしまうようなことでも、共感してもらえるところがあって、話してよかったと思えるステキな時間でした。

そうそう大学に入学してしばらくしたときに、ある友人が、大学で一生付き合える友達を作りたいと言ってくれました。

その子のお母さんも学生時代の友達を大切にしていて、長くいいお付き合いをしているそうです。

今は離れ離れで会うことは難しいけど、私たちもそんな友達になれたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

夏野菜カレー 粉引八寸皿

Dsc01162

夏野菜の最盛期!

こちらは今朝の収穫です。

Dsc01142

ナス、トマト、キュウリ、サラダ菜。

枝で完熟したトマトは旨みが違います。

Dsc01144

キュウリは花つきとトゲトゲが新鮮さの証拠です。

Dsc01146

今朝は子供たちが寝ている間にうまいこと収穫することができました。

子育てに必死で気付いたら一日が終わっているという日もよくありますが、一日にちょっとでも気持ちを開放できる時間を持ちたいものです。

今日はこの野菜を食べきるのが課題。

夏野菜は収穫の時期が集中するので、明日にまわすより新鮮なうちにできるだけ食べてしまわなければもったいない!

まずは朝食でとれたてを生でいただきます。

Dsc01153

新鮮な野菜は大きめに切って、口いっぱいで野菜のおいしさを味わうのが好きです。

残ったきゅうりはぬか漬けにして夕食にいただきました。

Dsc01156

今日はどれだけキュウリを食べられるだろうとチャレンジしてみましたが、おいしく食べるにはやっぱり一回の食事で1本が限度でした・・・(笑)

妹に聞いたところ鶏肉と一緒に炒めてもおいしいとのこと。

いつかやってみようかな・・・。

夕食はとってあったピーマンとさやいんげんを加えて夏野菜カレー。

Dsc01159

これならいくらでも野菜を食べられます。

あしたはどれだけ取れるか楽しみです。

東京 池袋東武でだんな殿の展覧会が開催中です。

皆様のご来場心よりお待ちしております。

篠原希作陶展

TOBU 池袋東武

会期  2008年7月10日(木)~7月16日(水)

会場 本館6階1番地工芸サロン(最終日は午後4時閉場)

よろしくお願いいたします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

篠原希作陶展 池袋東武にて

本日7月10日より東京池袋東武にてだんな殿の個展を開催いたします。

皆様のご来場心よりお待ち申し上げます!

篠原希作陶展

TOBU 池袋東武

会期 2008年7月10日(木)~7月16日(水)

会場本館6階1番地工芸サロン(最終日は午後4時閉場)

よろしくお願いいたします。

私は昨日展覧会用のお花を用意して、だんな殿の元へ送りました。

Dsc01132_4

お花が少ない時期だと聞いていましたが、おばあちゃんに頼んだら庭や畑からこれだけのお花を用意してくれました。

会場でどのように飾ってもらえるか楽しみです。

Dsc01133_2

ヤブカンゾウ、オミナエシ(左奥)

Dsc01134

フジウツギ

Dsc01137

アルストロメリア

Dsc01135

ヒメヒマワリ 

Dsc01138

カラー(実)

Dsc01140

キンギョソウ、ペロニカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

鉄火巻き 焼締丸皿

Img_0154

今日はとってもうれしいいただきものがありました。
魚仙さんの鉄火巻き!
ありがとうございます!
せっかくなので先日窯出しされたばかりの焼締のお皿に盛らさせていただきました。

Img_0158

最後の写真には写真を撮っている間も待ちきれない息子の手が写り込んでいました(笑)
私も待ちきれない・・・
信楽に帰ってからもなかなか行けないでいた魚仙に行ったつもりでいただきます!
あぁ、おいしい!
酢飯にはかなりのこだわりのあるという大将のお寿司は魚仙でしか味わえない逸品です。
ごちそうさまでした!また魚仙に行く楽しみが増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

信楽に帰って

Img_0144

ブログの更新がたいぶご無沙汰になってしまいました。
6月の始めに信楽に戻り、ますますやんちゃっぷりを発揮する息子と、生まれて2か月になろうとする娘を抱え子育てに奮闘する毎日です。
だんな殿は7月10日から開催される展覧会に向けて一生懸命準備をしています。
(展覧会の詳しい情報はこちらをご覧下さいませ http://www.biwa.ne.jp/%7Ekibou/pottery/me.html)

信楽に戻って新しい生活に慣れてはきたものの、なんとなく落ち着かない日々を送っていました。
あれもこれもやりたいこと、やらなければならないことがあるのに手がまわらず気が付けば一日が終わっていく・・・
息子の有り余るパワーをどう解消させてあげるかが毎日の課題でした。

今日はどうやって息子を遊ばせようと考えていたところ、だんな殿が散歩に誘ってくれ、久々にお弁当を持って陶芸の森へいくことになりました。
外はすっかり夏のような晴天。
お弁当はお昼に予定していたオムライスをお弁当箱に詰めて。
こちらは大人用。

Img_0142

息子のチキンライスは湯呑みで形を作りました。
そういえばちゃんと息子用にお弁当をこしらえたのは初めてです。
母を喜ばせるこの食べっぷり!

Dscf0374

向こうではちょうど陶芸の森の穴窯を焚いているところでした。

Dscf0383_2

娘も気持ち良くお食事中。
窯の煙突からは真っ黒な煙が勢いよくのぼっています。
信楽町内ではたまにこのような煙を見かけます。
はじめはただの煙にしか見えなかった私も、最近は窯焚いてるんだなぁと思うようになってきました。
山間からたちのぼる煙、焼き物の産地らしい景色で私は好きです。

さて、お腹が満たされた息子は慣れた感じで水辺へGO!

Dscf0377

焼き物のオブジェの向こうで一人満足気に遊んでいました。

Dscf0379

細い水の流れをまたいで行ったり来たり。
ピシャピシャと水の跳ねる感触を楽しんでいるようでした。

信楽に戻ってから、だんな殿は一生懸命仕事をしているのだから子供の事は私が・・・と思い過ぎていたような気がします。
今日、久しぶりに家族でのんびりと過ごして、あっという間過ぎてしまう子供の成長をだんな殿と一緒に見守ってあげられることがとても幸せに感じました。
甘えられるところは上手に甘えて、支えられるところはさりげなく支えられるようになっていけたらいいなぁと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »