« 夏野菜カレー 粉引八寸皿 | トップページ | じゃことししとうの炒め物 粉引平鉢 »

2008年7月13日 (日)

なすとトマトの重ね焼 貫入鉢

Dsc01172

今日はなすとトマトをミートソースとホワイトソースと交互に重ねて、ラザニア風の重ね焼にしました。

Dsc01171

別の耐熱の器で焼いて貫入の鉢に取り分けました。

この鉢は全体に細かいひびのような模様になっています。

ざっと盛っただけの料理も存在感のある一品にしてくれるので気に入っています。

話は変わりますが、先日大学時代の友人と電話で話をしました。

子供が生まれてからたまに連絡をとるのがやっとで、独身のころのようにはゆっくり時間をとることができません。

でも、話をするといつも変わらずお互いの身を案じ、今は子育ての話で盛り上がります。

私だけ・・・?うちの子だけ・・・?とため息をついてしまうようなことでも、共感してもらえるところがあって、話してよかったと思えるステキな時間でした。

そうそう大学に入学してしばらくしたときに、ある友人が、大学で一生付き合える友達を作りたいと言ってくれました。

その子のお母さんも学生時代の友達を大切にしていて、長くいいお付き合いをしているそうです。

今は離れ離れで会うことは難しいけど、私たちもそんな友達になれたかな?

|

« 夏野菜カレー 粉引八寸皿 | トップページ | じゃことししとうの炒め物 粉引平鉢 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513209/22274547

この記事へのトラックバック一覧です: なすとトマトの重ね焼 貫入鉢:

« 夏野菜カレー 粉引八寸皿 | トップページ | じゃことししとうの炒め物 粉引平鉢 »