« ひらの煮付け 貫入鉢 | トップページ | 鉄火巻き 焼締丸皿 »

2008年7月 6日 (日)

信楽に帰って

Img_0144

ブログの更新がたいぶご無沙汰になってしまいました。
6月の始めに信楽に戻り、ますますやんちゃっぷりを発揮する息子と、生まれて2か月になろうとする娘を抱え子育てに奮闘する毎日です。
だんな殿は7月10日から開催される展覧会に向けて一生懸命準備をしています。
(展覧会の詳しい情報はこちらをご覧下さいませ http://www.biwa.ne.jp/%7Ekibou/pottery/me.html)

信楽に戻って新しい生活に慣れてはきたものの、なんとなく落ち着かない日々を送っていました。
あれもこれもやりたいこと、やらなければならないことがあるのに手がまわらず気が付けば一日が終わっていく・・・
息子の有り余るパワーをどう解消させてあげるかが毎日の課題でした。

今日はどうやって息子を遊ばせようと考えていたところ、だんな殿が散歩に誘ってくれ、久々にお弁当を持って陶芸の森へいくことになりました。
外はすっかり夏のような晴天。
お弁当はお昼に予定していたオムライスをお弁当箱に詰めて。
こちらは大人用。

Img_0142

息子のチキンライスは湯呑みで形を作りました。
そういえばちゃんと息子用にお弁当をこしらえたのは初めてです。
母を喜ばせるこの食べっぷり!

Dscf0374

向こうではちょうど陶芸の森の穴窯を焚いているところでした。

Dscf0383_2

娘も気持ち良くお食事中。
窯の煙突からは真っ黒な煙が勢いよくのぼっています。
信楽町内ではたまにこのような煙を見かけます。
はじめはただの煙にしか見えなかった私も、最近は窯焚いてるんだなぁと思うようになってきました。
山間からたちのぼる煙、焼き物の産地らしい景色で私は好きです。

さて、お腹が満たされた息子は慣れた感じで水辺へGO!

Dscf0377

焼き物のオブジェの向こうで一人満足気に遊んでいました。

Dscf0379

細い水の流れをまたいで行ったり来たり。
ピシャピシャと水の跳ねる感触を楽しんでいるようでした。

信楽に戻ってから、だんな殿は一生懸命仕事をしているのだから子供の事は私が・・・と思い過ぎていたような気がします。
今日、久しぶりに家族でのんびりと過ごして、あっという間過ぎてしまう子供の成長をだんな殿と一緒に見守ってあげられることがとても幸せに感じました。
甘えられるところは上手に甘えて、支えられるところはさりげなく支えられるようになっていけたらいいなぁと思います。

|

« ひらの煮付け 貫入鉢 | トップページ | 鉄火巻き 焼締丸皿 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

大役、お疲れ様でした~お帰りなさーい!

母業の大変さと美しさ^^
また拝見できるのが楽しみ。。
とっても励みになるんですよ~~

投稿: sono | 2008年7月 6日 (日) 06時17分

sonoさん!ありがとうございます。
そして先日は大変お世話になりありがとうございました(笑)
励みなんて言っていただくと恥ずかしいばかりですが、これからも楽しみながらがんばっていきたいと思います。
これはsonoさんとわたしだけの話になりますが、先日sonoさんの顔を見た時はすがりつきたいほどほっとしました(笑)

投稿: (よ) | 2008年7月 6日 (日) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513209/22100130

この記事へのトラックバック一覧です: 信楽に帰って:

« ひらの煮付け 貫入鉢 | トップページ | 鉄火巻き 焼締丸皿 »