« 山桃ジュース | トップページ | 土を練る日々7〜ホルン〜 »

2008年9月 5日 (金)

ぶどう 焼締角皿

Img_0845
岡山からぶどうが届きました。
大粒のぶどうはとっても甘くてジューシー!
味覚の秋の到来を感じます。

この新鮮なぶどうをどの器にのせて写真を撮ろうかと考え、手にしたのはやっぱり焼締のお皿。
野菜でも果物でも魚でも、素材のフレッシュな質感を生かしてくれるのは焼締の器が一番ではないかと思います。
焼締独特の炎と灰が作り出した自然な模様のせいなのか、土の質感との対比効果なのか、言葉でうまく表現できませんが、食いしん坊の直感がそうさせます。

息子ははじめ、ぶどうを皮のまま口に運んだのでどうするかと見ていると、私の見様見まねで自分で皮をむいて食べはじめました。

Dscf1127_2

それが結構几帳面で器用!
親バカなコメントですが、これも息子の長所かな?と思い、喜んでいます。

家の窓から見えるお隣の田んぼの稲も穂が頭を垂れて、収穫間近の模様です。
今年も秋の実りが楽しみです。

|

« 山桃ジュース | トップページ | 土を練る日々7〜ホルン〜 »

うつわ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぶどう 焼締角皿:

« 山桃ジュース | トップページ | 土を練る日々7〜ホルン〜 »