« ハンバーグ 粉引深皿 | トップページ | きんぴらごぼう 貫入平鉢 »

2008年10月19日 (日)

さんま寿司 粉引深皿

Img_1556_2

昨日ご紹介した「粉引深皿」にさんま寿司を盛りました。
盛ってみるとすごく浅い鉢ともとれる感じで、余白が上品に料理を演出してくれるようでした。
同じ大きさでも普通の平たいお皿ではこうはいきません。

このさんま寿司、度々、おいしそう!どうやって作るの?との声をいただきました。

Img_1547

作り方は、お刺身にするのと同じで、三枚に下ろして腹骨を取り除き、皮を引きます。
巻きすにラップを敷いてさんまをのせ、軽くにぎった酢飯をのせて形を作りながらぎゅっと押します。
ラップをしたまま適当な大きさに切り、ラップを外して、おろし生姜とねぎをのせてでき上がり。

さんまの中骨は、初めは取っていたのですが食べてみるとあまり気にならないので最近はそのままにしています。

この季節ならではの味、ぜひお試し下さいませ!

|

« ハンバーグ 粉引深皿 | トップページ | きんぴらごぼう 貫入平鉢 »

うつわ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さんま寿司 粉引深皿:

« ハンバーグ 粉引深皿 | トップページ | きんぴらごぼう 貫入平鉢 »