« 親子丼 壷田亜矢さんの器 | トップページ | あんこう鍋 »

2008年12月10日 (水)

チェリー ありがとう

20081206161449

先日、とても悲しい出来事がありました。


実家で16年飼っていた犬、チェリーが天国へ旅立ってしまったのです。
チェリーは元々拾われた犬で、私たちの元へくる前に他の飼い主に数年飼ってもらっていました。
年齢はおそらく18歳。
犬にしてみれば大往生です。

数年前からは目も耳も弱くなり、私が実家を離れてからはいつお別れの時がきてもいいように覚悟は決めていたつもりでした。
それでもついにその時がきたと知らされたときは、悲しくて悲しくて涙がとまりませんでした。

奇しくもその時私は信楽を離れ、チェリーと共に青春時代を過ごした日立にいました。

夏に実家が日立から岡山に引っ越し、思い切って行かなければもう何年か行くことができないかもしれないと、日立の大切な恩人や友人に会い、自分の故郷の景色を胸に刻むための旅でありました。


これも何かの巡り合わせと思わずにはいられませんでした。


見る景色のいたるところにチェリーとの思い出があり、まるで最後のお別れをするために日立へ導かれたようでした。

20081206140849


チェリーと見た海。
実家を離れてからは、帰ると必ず一緒に海に行き、海の音やにおい、空の広さを全身で感じ、涙をひと粒流しました。



20081206155615


チェリーと散歩した公園。
雪が降った日には朝一番にでかけ、真っ白な雪の上をふたりで思いっきり駆け回りました。
ここに自分の子供をつれてくるようになるなんて想像もできませんでした。


20081206161411


チェリーと歩いた散歩道から眺める日立の空。。
足が弱くなってからも、なついていた父に寄り添い歩いていました。
友達のうめちゃんと一緒に散歩したね。
息子の出産前は運動のために私もよく歩きました。


チェリー、ありがとう。
チェリーのこと忘れない。


チェリーを愛してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
チェリーはとても幸せな犬でした。









|

« 親子丼 壷田亜矢さんの器 | トップページ | あんこう鍋 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

そうなんやぁ…自分よりも早く天国へ行くとはわかっていても辛い別れですね。私は中学から飼っていた犬が死ぬ数日前に、京都に行っていたのですが、いつでも寄れるからと実家には立ち寄らずに帰ったんです。そしたら数日後、実家からしんちゃんが死んだって電話が。。。それからは会えるうちに会おうとか、寄れる時には寄ろうって考えるようになりました。あの時行っといたらよかった…と後悔しても遅いからね。。あの時に会えなかったのは心残りですが愛犬が私にとっても大事なことを教えてくれたんだなと思ってます。
記事を読んで会った事はないけど、ウルウルきました。。。
チェリー、かわいい名前だね。うちの愛犬はしんちゃんと呼んでるけど本名は徹之慎(てつのしん)っていうの。勇ましいでしょ。

投稿: 若女将 | 2008年12月10日 (水) 15時52分

若女将さん、コメントありがとうございます。
しんちゃんのお話,いい話ですね。
私は11月に両親が留守になるということで、1週間,チェリーのお世話をするために実家に帰る事ができました。
今思えば,チェリーがお別れをするために私を呼び寄せてくれたように思わずにいられません。
両親の引っ越しを見届け,私にも最後に世話をさせ,飼い主の勝手な解釈ですが義理堅い犬でした。

生き物を飼うという事で学ぶことは多いですが,最後に死ぬということで後悔をしない生き方をしようと教えてくれたのですね。

投稿: (よ) | 2008年12月12日 (金) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/513209/26079128

この記事へのトラックバック一覧です: チェリー ありがとう:

« 親子丼 壷田亜矢さんの器 | トップページ | あんこう鍋 »